このサイトはグッドマンのグローバルサイトです。グッドマンジャパンのサイトにアクセスしますか?

ロサンゼルス

アメリカ第2位の都市であるロサンゼルスはハリウッドスターやディズニーキャラクターで有名ですが、物流業界においては世界有数のゲートウェイ都市として注目されています。

ロサンゼルス近郊にはアメリカ屈指のロサンゼルス/ロングビーチ港があり、長きにわたりアメリカとアジアを結ぶ貿易のハブとして栄えてきました。現在では、この港に入荷する貨物の50%はこの地域で消費されます。

このような貨物動向が示す通り、ロサンゼルス近郊の物流施設需要は高まりを見せています。南カリフォルニアの物流スペースは延べ1億7800万㎡に達し、アメリカでは最大規模の市場となりました。しかもロサンゼルス地区の空室率が5.5%と国内最低レベルであり、需要に拍車がかかっています。ロサンゼルス/ロングビーチ港のTEUは年間1,500万以上にのぼり、1,800万人の人口はさらに増加傾向を示しており、グッドマンにとって大変魅力的なロケーションです。

カスタマーのスペース需要が非常に高いロサンゼルス近郊のイーストヴェールで、グッドマンは大規模な開発プロジェクトを推進しています。2016年に竣工したステージ1は100万平方フィートの物流施設2棟により構成され、そのうちの1棟には世界第8位のリテーラーであるアマゾンにご入居いただいています。

アマゾンは、LEED認証を獲得しているこの先進的な物流施設に最新の自動化テクノロジーを導入し、ロサンゼルス地域における最高の立地をいかした効率的なオペレーションを展開しています。

ラストマイル配送を重視する企業は多く、Eコマースの売上が飛躍的に拡大している現在、消費者により近い場所に物流拠点が必要とされるケースが増えてきました。このようなニーズに対応するため、グッドマンは引き続きアメリカにおけるハイグレードな物流施設の開発を積極的に進めていきます。これまで当社が北米で開発した30万㎡の物流施設はすべて成約済みとなっており、現在さらに24万㎡の物流スペースを開発中です。

インランドエンパイア地域の立地に魅力を感じている大企業は、アマゾンだけではありません。ウォルマート、ジョージア・パシフィック、フォルクスワーゲンなどの有力企業にも、このエリアの当社の施設をご利用いただいています。

ディベロップメントサービス

 
著しい成長が見込まれる地域では物流用地の供給が極めて限定的であるため、開発にはさまざまな工夫が必要です。たとえば、カリフォルニア州サンタフェスプリングは人口集積地と港に近い立地が特長で、戦略的に重要なロケーションでありながら、開発用地の確保が大変難しいエリアでした。そこでグッドマンは現地で55ヘクタールの石油精製所を取得しました。この土地は大規模な土壌改良が必要となりましたが、最終的には28,000㎡から47,000㎡の規模のAクラスの物流施設を複数棟開発することができました。