このサイトはグッドマンのグローバルサイトです。グッドマンジャパンのサイトにアクセスしますか?

上海

数十年前まで世界の工場と呼ばれていた中国は、現在、世界最大のEコマース市場に成長しました。中国有数のゲートウェイ都市である上海においても、Eコマースは著しい発展を遂げています。

これまで実店舗型のビジネスを展開してきた多くの小売企業がオンライン事業に乗り出し、Eコマースへのシフトはグローバルのトレンドとなっていますが、上海ではこの傾向が特に顕著です。

ゲートウェイ都市

グッドマンの開発ビジネスにとって、上海は理想的なゲートウェイ都市です。金融の中心地である上海の人口は2,400万人に達し、個人所得の増加がこの地域の内需の拡大に大きく寄与しています。上海市民一人あたりの可処分所得は中国全体の平均値より118.4%も高いのです。

戦略的なロケーション

さまざまな要素によりグッドマンが戦略的に重視する上海では、ラストワンマイル配送の観点から物流施設の立地が非常に重視されます。特に過密化が進む人気のエリアでは、先進的な複数階層の物流施設に対する需要が高まり、スペース効率、セキュリティ対策、施工のクオリティ、自動化への対応などが求められます。

クオリティ

カスタマーが求める要件を満たす最新鋭のグッドマン青浦センターは、当社が中国国内で開発した初めての3階建て物流施設です。国内の物流施設としては初めて環境基準認証を取得し、中国におけるインダストリアル不動産の新たなスタンダートを生み出しました。

プレミアムな物流施設

竣工時評価額は112億6000万米ドル(149億豪ドル)で、100,000㎡を超えるモダンなインダストリアル+ビジネススペースとして竣工したグッドマン青浦センターは、上海西部や上海市街地へのアクセスに優れ、上海虹橋空港や主要な高速道路のインターチェンジに近接しています。

戦略的な立地による引き合いも高く、竣工時には97%の入居率を達成しました。中国最大のEコマース企業であるJD.comにもご利用いただいています。

2015年12月末時点の時価総額が442億ドルにのぼる巨大Eコマース企業であるJD.comには、当初、グッドマン青浦センター内における63,130㎡のスペースに入居いただきました。グッドマンが中国で保有・運用する物流施設のうち、2015年上半期の賃貸スペースランキングで第7位であった同社は、現在、中国各地の主要6都市で合計295,000㎡をご利用いただく、グッドマンの中国最大のカスタマーとなりました。

グッドマン青浦センターがJD.comに選ばれたのは、上海だけでなく蘇州、江蘇省、浙江省の主要都市へのアクセスに優れた戦略的な立地が評価されたからです。それに加えて、グッドマンが今後も継続的に中国の主要都市でJD.comの求めるハイグレードな物流スペースを提供できる能力を備え、サービスの継続性やスペースの拡張性を期待できることも大きな要因でした。

上海ではグッドマン青浦センターのほかに、3工期にわたる20万㎡の大規模開発となった2階建てランプウェイ完備の優良物流施設(受賞歴有り)であるグッドマン浦東国際空港物流パークを含む、7件の開発プロジェクトに投資を行っています。