このサイトはグッドマンのグローバルサイトです。グッドマンジャパンのサイトにアクセスしますか?

ゲートウェイ都市戦略

最高のサービスとソリューションを提供するため、グッドマンは施設のクオリティとロケーションを重視します。スペース需要が高く、物流の変革により成長が加速する戦略的なゲートウェイ都市において、質の高いインダストリアル不動産の投資開発を行っています。
優れた立地の先進的な物流スペースに対する需要はさまざまな要因により拡大しています。市場環境の変化にともない、物流施設や倉庫スペースなどのインダストリアル不動産に求めらえる役割も大きく変わってきました。

加速する都市化

ゲートウェイ都市のさらなる都市化が進み、多くのビジネスチャンスが生まれています。2030年までに、大都市における消費は世界全体の消費の81%*を占めると予想され、「より消費者に近いロケーション」がカスタマーとエンドユーザーに対する重要な訴求ポイントとなります。

コンシューマリズム(消費者主義)

消費者の利益を重視するコンシューマリズムの拡大が、小売、医薬、自動車を含むさまざまな業種に新風を巻き起こし、世界全体の消費は2030年までに23兆USドル*の伸長が見込まれます。グッドマンは市場のトレンドを踏まえたゲートウェイ都市戦略を通じて、カスタマーのビジネスの成長に貢献します。

テクノロジー

Eコマースやモバイルデバイスの革新により、消費者の購買行動は大きく変化しています。エンドユーザーである消費者が集まる大都市圏の物流スペース需要はさらに増加するでしょう。デジタルテクノロジーの普及により、配送スピードや便利さに対する消費者の要求が高まる中、グッドマンのゲートウェイ都市戦略はカスタマーのロジスティクスビジネスをサポートします。

バリュー

物流施設の集約やアップグレード、サプライチェーンの合理化、自動化への取り組み、ロボット導入など、多くのカスタマーは物流スペースにおける高付加価値を追求し、コスト効率の改善を重視しています。