このサイトはグッドマンのグローバルサイトです。グッドマンジャパンのサイトにアクセスしますか?

サステナビリティ

グッドマンは、機能的なビジネススペースおよび物流施設の分野における世界的なエクスパートです。グッドマンが推進するサステナビリティは、世界中の主要なステークホルダーと長期的な信頼関係を構築し、当社が事業を展開する地域社会の発展に貢献することを目的としています。
このビジョンを実現するため、グッドマンは2007年に市場、職場、環境、地域社会の4分野を主な要とするサステナビリティプログラムを立ち上げ、開発やアセットマネジメントを含むさまざまな事業活動を、持続可能な成長の理念に基づいて行っています。

近年は、地域主体から本格的に統合化されたサステナビリティ担当のグローバルヘッドが運営し、また世界各地域の代表が支援するグローバルアプロ―チに移行しています。

グローバルプログラムは、主な4分野における一連の案件や事業活動から成ります。次のようなプログラムが含まれています。

  • 強化されるコンプライアンス遵守義務を満たす取組み
  • サステナビリティを考慮した設計方針と評価ツールを新規開発プロジェクトに導入
  • 建物のライフサイクルと顧客ニーズに基づく既存物件の最適化
  • 自社の業績の評価と報告
  • ステークホルダーのサステナビリティに関する優先項目を把握
  • グッドマングループ全体のサステナビリティ機能を強化

持続可能な開発アプローチ

インダストリアル不動産を所有・開発・管理するグローバル企業として、グッドマンは新規開発プロジェクトにサステナビリティを考慮した設計方針を取り入れる重要性を認識しています。サステナビリティは、グッドマンの所有+開発+管理等のカスタマーサービスの延長です。グッドマンの長期的経営理念には、持続可能な成長を促す環境への配慮や、地域社会に対する当社の社会的・経済的責任などが盛り込まれています。緑化設計のイニシャティブを通じて新規開発案件に可能な限り持続可能を取り入れることで環境への影響を最小限化し、お客様と地域社会に長期的に貢献します。

このような方針に基づき、グッドマンは新規開発プロジェクトの計画および設計段階から顧客との緊密なコミュニケーションを維持し、開発デザインにおける最適なサステナビリティを実現しています。
グッドマンの、持続可能な開発アプローチとは:

  • 環境への悪影響を最小限に抑え、地域社会の発展に貢献
  • 開発物件における水・エネルギー使用量削減
  • サステナビリティに最大限配慮した資源活用
  • 倉庫施設やビジネススペースにおける資材の使用量削減
  • 再生材を利用しリサイクル性を向上
  • 耐久性と機能性の向上