このサイトはグッドマンのグローバルサイトです。グッドマンジャパンのサイトにアクセスしますか?

グッドマンは、⽇本の⼤阪湾岸エリアにおける 60,000 平⽅メートルの開発パイプラインを発表

2011年8月22日

グッドマングループ (以下「グッドマン」もしくは「当グループ」といいます) は本⽇、⽇本の⼤阪湾岸エリアに所在する 60,000 平⽅メートルの優良開発⽤地に関する売買契約を締結したことを発表しました。

本件に関する概要は以下のとおりです:

  • 当該⽤地は、⼤変需要の⾼い物流エリアに⽴地しており、130,000 平⽅メートル規模の近代 的マルチテナント型物流施設(全フロアにランプアクセス有り)を開発する予定です。
  • 本開発案件の竣⼯時の想定資産価値は、3 億豪ドル超の⾒込みです。

大阪湾岸開発プロジェクト 完成予想パース図


⽇本の物流不動産市場においては、既存倉庫の⽼朽化が進む中、統廃合による⼤型施設の需要が 拡⼤する⼀⽅で、⾼品質かつ近代的な物流施設の供給が限定的であるのが現状です。当グループ は、物流不動産市場においてビジネス拡⼤を実現するさまざまな機会を模索する上で、物流施設のポートフォリオ取得を含む多様な選択肢を検討した結果、有機的成⻑が最も魅⼒的な投資戦略 であるとの結論に⾄りました。

有機的成⻑戦略とは、⾼品質かつ近代的な物流施設の優良開発⽤地を複数取得し、新規開発による⾃助努⼒でビジネスの成⻑を促す⽅針を意味します。⼤阪湾岸エリアに⽴地する当該⽤地を取得することにより、⽇本における当グループのさらなる伸⻑を⽬指します。

グッドマングループの最⾼経営責任者であるグレッグ・グッドマンは、「⽇本における近代的な 物流施設は、竣⼯済優良物件の売却案件数が少なく、投資利回りは減少傾向にあります。施設開 発の経験と⽇本の物流業界におけるネットワークを駆使し、既存物件の取得ではなく、新規開発 による有機的成⻑を実現する意向です。当グループの強⼒な財務的⽀援を背景に、⾃社による投 資適格物流施設の開発で、リスク調整後リターン最⼤化の実現を⽬指します。」とコメントして います。

グッドマンジャパンの代表取締役社⻑兼 CEO であるポール・マクギャリーは、「⼤阪における物 流市場の基本的な市場ファンダメンタルズは、過去 3 年間近代的な物流倉庫の新規供給が無かっ たため、特に堅強なものになっています。 事実、多くの⼤⼿ 3PL 企業様から本開発案件の総賃貸⾯積の約 200%に相応するスペースについて、建物賃貸借申込書を⼊⼿しております。本件のよう な⾼品質な開発案件の確保およびリーシングリスクの緩和には、社内の経験豊富なリーシングお よびディベロップメントチームのスキルが⼤きく寄与しています。」と述べています。

2012 年に着⼯予定の⼤阪湾岸開発プロジェクトは、今後数カ⽉以内にグッドマンによる決済を予 定しています。当グループは、パートナー企業とともに⽇本における開発ファンドの組成を企図 しており、本開発案件をシード物件として同開発ファンドに組み⼊れることも検討していきます。

本開発案件に加え、グッドマンは、現在⾸都圏および関⻄圏の主要な物流市場を中⼼に、複数の⾼品質な開発および取得案件に対する検討を進めており、現在デューデリジェンスが進⾏中です。これらの案件の竣⼯時の資産価値は総額 12.5 億豪ドルに上ります。

-以上-
⼾梶真理(とかじまり)
グッドマンジャパン株式会社
セントラルエグゼクティブ
連絡先: 03-6910-3341

グッドマングループ:
グッドマングループはオーストラリア、ニュージーランド、アジア、ヨーロッパ、およびイギリ スを含むグローバル市場でビジネスを運営する総合不動産グループです。グッドマンリミテッド およびグッドマン・インダストリアル・トラストから成るグッドマングループは、オーストラリ ア証券取引所に上場する最⼤のインダストリアル不動産企業であり、インダストリアル不動産お よびビジネススペースの上場ファンドマネジャーとしても、世界有数の規模を誇ります。