このサイトはグッドマンのグローバルサイトです。グッドマンジャパンのサイトにアクセスしますか?

グッドマンは⽇本通運株式会社様をテナントとする延べ 33,000 平⽅メートルの物流施設を守⾕市に竣⼯

2011年12月21日

グッドマンは⽇本通運株式会社様をテナントとする延べ 33,000 平⽅メートルの物流施設を守⾕市に竣⼯

グッドマンは、茨城県守⾕市においてかねてより建設していた⽇本通運株式会社様をテナントと する BTS 型物流施設、「グッドマン守⾕」の竣⼯にあたり、平成 23 年 12 ⽉ 19 ⽇に同施設におい て竣⼯式を開催いたしました。


 
世界的な⾦融危機による経済低迷の影響でテナント企業の需要が冷え込み、新規開発案件の着⼿ を差し控えていた期間もありましたが、当社は平成 22 年 10 ⽉に本件⽤地を取得し、開発事業を 本格的に再開いたしました。⼟地の取得に先⽴ち、社内のリーシング担当部⾨により、⽇本通運 株式会社様との間に 10 年間の事前定期賃貸借契約を締結しています。また新施設のデザイン仕様 につきましては、同テナント様のご要望にお応えする設計となっています。

本施設の所在地である守⾕市は東京の北東 50km に位置し、常磐⾃動⾞道を通じて、東京、埼⽟、 千葉、茨城などの近隣主要エリアへのアクセスが良好であり、関東圏の顧客に対する同⽇・翌⽇ 配送が可能であることから、⽇本通運株式会社様の東京ドキュメントサービスセンターとして理 想的な⽴地です。

本施設は鉄筋コンクリート造・⼀部鉄⾻造の 4 階建の 2 棟の建物から構成され、使⽤⽬的に合わせ、⽂書類を効率的に保管するための天井⾼および床荷重設計が施されています。また、⾼セキュリティを確保する外周フェンスを設置するとともに、特殊保管物に対応可能なゾーンを設け施設に汎⽤性を持たせて⾔います。

本施設の竣⼯式を開催するにあたり、グッドマンジャパンの専務取締役 インベストメントディビ ジョン⻑の栗原誠は以下のようにコメントしています。「本案件の開発は納期までのスケジュー ルが⾮常に厳しいものでしたが、株式会社間組様の多⼤なるご尽⼒により、このような素晴らし い施設が当初の予定通りに竣⼯の運びとなりました。また、本案件の開発期間を通じて設計監理 をご担当いただいた浅井謙建築研究所株式会社様のご協⼒にも⼼より感謝の意を表します。」グ ッドマンジャパンの代表取締役社⻑兼 CEO のポール マクギャリーは「グッドマン守⾕は当社にと って⽇本市場における記念すべき開発案件となりました。なぜなら本施設は当社がグッドマンジ ャパンに社名変更後、初めて竣⼯を迎えた開発プロジェクトであり、グッドマンブランドのデビ ューとも⾔える案件だからです。 グッドマングループへの統合を果たした当社は、今後⽇本にお いて積極的に開発事業を展開していく意向です。その⼿始めとして、⼤阪湾岸地区に 60,000 平⽅ メートルの開発⽤地取得が完了したことを、本年 10 ⽉に発表いたしました。同プロジェクトにつ いては現在建築計画を検討中であり、平成 24 年半ばには賃貸⾯積 130,000 平⽅メートルの物流施 設開発を着⼯の予定です。その他にも複数のプロジェクトを検討中で、近い将来これらの優良な 新規開発案件を確保できる⾒込みです。」と述べています。

本案件のテナント企業である⽇本通運株式会社様は、「この度竣⼯したグッドマン守⾕の開発を⼿掛けたグッドマンジャパンのご尽⼒には⼤変満⾜しています。グッドマングループは物流施設の開発と管理を⾏う世界有数の不動産企業です。グローバルに事業を展開する⽇本通運は、各市場における当社独⾃のニーズを⼗分に理解し柔軟に対応してくれるグッドマンと、⽇本のみならずオーストラリア、中国、およびヨーロッパを含むグローバル市場で、今後も良好な関係を築いていきたいと考えています。」とコメントしています。

本件に関するご質問は下記までお問い合わせください。 

グッドマンジャパン株式会社
セントラルエグゼクティブ アシスタントマネジャー
⼾梶真理(とかじまり)
Tel 03 6910 3341

グッドマングループ:

グッドマングループはオーストラリア、ニュージーランド、アジア、ヨーロッパ、およびイギリ スを含むグローバル市場でビジネスを展開する総合不動産グループです。グッドマンリミテッド およびグッドマン・インダストリアル・トラストから成るグッドマングループは、オーストラリ ア証券取引所に上場する最⼤のインダストリアル不動産企業であり、インダストリアル不動産お よびビジネススペースの上場ファンドマネジャーとしても、世界有数の規模を誇ります。 グッドマンの不動産に関するグローバルなノウハウと、所有・開発・管理を含む総合的なカスタ マーサービス、および卓越したファンドマネジメントのプラットフォームにより、多様化するお 客様の個別ニーズに対応する⾰新的なソリューションをご提案するとともに、投資家の皆様に⻑ 期的なリターンを実現しています。